ヒゲが濃くて悩んでいるなら横浜の男性専門医療脱毛クリニック

毛の成長を待つ必要がある

脚

熱を生み出して毛が生まれる仕組みを破壊

横浜で受けられる脱毛は、光を照射して毛が生える機能を壊してしまうという仕組みです。光には毛が持つメラニン色素に反応して熱を生み出す働きがあり、その熱が毛の機能を直接壊します。そしてその光の作用を発揮させるためには、毛が十分に成長していなければなりません。毛は産毛の状態から太く成長した後で抜けるという流れを、ひとつの毛穴で繰り返しています。その流れは毛穴ごとにランダムなので、1回の脱毛施術で全ての成長した毛に光を当てることはできません。したがって全ての毛穴で万遍なく光を当てるために、横浜で複数回の施術を受ける必要があります。その回数は個人の毛質の他、どれくらいの仕上がりを希望するかでも変わります。目安としては少なくて5回前後、多ければ10回以上となります。毛は長い時間かけてゆっくりと成長するため、横浜で受ける脱毛施術の間隔は大体3ヶ月から半年程度です。また光は脱毛のために照射しますが、当然皮膚にも当たります。すると肌にも多少の熱が発生し、ダメージを受けた状態になります。肌に含まれているメラニン色素はそう多くはないため、ダメージは身体の機能によって自然回復します。ただその回復にも時間がかかるため、毛が成長するのを待つ時間はその回復時間でもあります。そして横浜にある脱毛エステでは、メラニンに反応するのとは別の仕組みを持った機械を使用することがあります。ただ基本的な流れは、メラニンに反応するタイプを使った場合とそう変わりません。